カフェfumikadenの2Fで営業してますイトオテルミー(温熱マッサージ)のブログです。

営業時間:14:00〜17:00 20:00〜22:00(他のお時間はお問い合わせ下さい)

場所  :松山市湊町2-4-5(旧ベスト電器裏にあります)

TEL   :089−993-6741
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

イトオテルミーのお勉強
 

 イトオテルミーをはじめて7年。。。


 これまで続けれたのは、


 まず、テルミーの効果を実感して信頼している、


 そして、恩師がいたからです。


 恩師は北条にお住いで、写真はお宅のすぐ裏にある海。


 テルミーを教えていただく以外に、


 生き方、考え方などなど本当に勉強させてもらっています。


 そのあと、この海をみると気持ちが楽になって、


 考えがまとまります♪


 

 今後、定期的に勉強させてもらいに通います。

 
 この7年間で勉強して、

 
 資格をとって、


 お店をもちましたが、


 ずっとずっと勉強ですね!!


 
 
 
イトオテルミーのいいところ
 テルミーの良さの一つで、私が特にいいと思うこと。

 それは・・・


 どなたでもテルミーを受けられる


 ということです。


 赤ちゃん、子供、男性、女性、ご年配の方、ご病気の方、妊婦さん・・・


 テルミーは温かいぬくもりを用いた治療ですので、


 患者さんへの負担や、副作用といったものがほとんどありません。


 疲れのある部位(血行不良、疲労物質の蓄積、こり)をテルミーの温かさでゆっくりほぐします♪


 




 


 
イトオテルミーについて
 イトオテルミーとは?

 温熱によって、心身の自然治癒力を高めて健康を作り、維持する療法です。

 
 
 <代表的な適応症状>



 ☆全身症状 発熱、微熱の継続、不眠、疲労、むくみ、 冷え、二日酔い

 ☆頭・顔の症状 頭痛、目の疲れ、鼻がつまる

 ☆胃腸の症状 胃のもたれ、便秘、下痢

 ☆首・肩・腰の症状 肩のこり、腰痛

 ☆手・足の症状 肘の痛み、手首の痛み、膝の痛み

 ☆皮膚の症状 皮膚のかゆみ、吹き出もの

 ☆心が関係する症状 イライラする、食欲不振

 ☆外傷 すり傷、切り傷


 
 ※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。
 
 症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。


 では、実際に使用する器具の紹介です


 <主な器具>

Therumie_isshiki


 


 

 左手前: 冷温器  万年筆大の外管と内管からなる金属製の医療機器です。


 左 奥: テルミー線 数種類の植物からつくられているテルミー療法の熱源です。


 右手前: ろうそく テルミー線に火をつけるものです。


 <使い方>
 
 冷温器の内管にテルミー線を装着。

Chuuka_164
 


 





 火をつけます。

 そして、外管をつけて、皮膚にあて、経絡に沿ってツボや感覚器官を刺激し、

 血流、リンパの流れを良くすることによって、症状を緩和します。

 とっても気持ちの良い治療です。

Sejutu_167












 テルミーは、医師である伊藤金逸博士が開発し80年という

 歴史ある民間療法です。

 その起源は、西洋医学では病気を完治できないということに気が付いた

 金逸博士が、研究を重ね家庭で出来る治療を目指して開発されました。



 いろいろ書きましたが、

 イトオテルミーは心地よい治療で、身体本来の力を回復させる

 

 

 それが一番の魅力ではないでしょうかきらきら


 風身花伝 千代

 1回30分 3000円(延長10分1000円)

 ※予約制とさせていただきます